遠隔処理代行サービスあるmdmは安心

author Posted by: admin on date 2月 16th, 2018 | filed Filed under: 未分類

mdmツールを用いてスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末を一元管理すれば、管理責任者の負担は軽減されます。しかしそれでも管理者が全て一括して管理をするということは非常に大変なことです。
そこでmdmサービスを提供する企業によっては、管理者サポートが充実しているメーカーもあります。
管理者の負担軽減や、mdmツール自体を円滑に活用してもらうために、サポートメニューを用意しているmdm製品であれば、使い勝手もよく、管理者としても管理効率が格段にアップするでしょう。
管理者サポート機能はそれぞれのmdm製品によって異なりますが、24時間365日紛失時対策代行サービスがあります。
このサービスは24時間365日、遠隔処理の代行をしてくれるオプション機能であり、夜間や休日などIT管理者が不在の時何かトラブルが起こってしまっても安心です。万が一の紛失や盗難も、専門のスタッフが24時間365日遠隔処理で代行してくれているので安心です。Ascent Networks MoDeM

管理画面が充実したmdmがおすすめ

author Posted by: admin on date 2月 6th, 2018 | filed Filed under: 未分類

mdm選びのポイントは各企業によって重視する点が異なるので、一概には言えません。しかしポイントをおさえて選ぶことでmdm選びに失敗しなくてすむでしょう。まずmdm製品を比較する上で、管理画面の充実度はしっかりとチェックしておきたいですね。例えば社員が100人いる企業でスマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイスを導入した場合、mdmツールを使えばマルチOSを一元管理できるのはもちろんですが、業務を差し障るアプリケーションのインストールは禁止にし、業務効率を高めるようなアプリケーションは積極的にインストールさせる必要があり、強制的にでもインストールできているのか?を確認する必要があります。企業でmdmを導入する場合には、インストールされているアプリケーションの内容、数の一覧表示、禁止アプリケーションをインストールした時の対応が充実しているのか?を確認してみましょう。
また100台全ての管理が一目ですぐにわかるように把握しておかなければ管理できているとは言えません。Ascent Networks MoDeM

技術力があるからこそ

author Posted by: admin on date 1月 23rd, 2018 | filed Filed under: 未分類

iPhoneは使っていても、iPhoneを販売しているAppleについてはよく知らない人も多いでしょう。というか、ほとんど知らないですよね^^

Appleって自社で部品の技術開発をする会社としても有名なんだそうです。サムスンなどは多くの下請け会社を持っているようですから、それらでスマホに必要な部品を多く作っていますよね。しかも、iPhoneの新機種、Xのディスプレイもサムスン。サムスンにしか作れないほどの高性能なものなので、あんなに高価になってしまったとも言われています。

そのAppleが電力チップの自社開発も行うだろうといううわさがあるんだそうです。現在は別の会社のものを使っていますが、来年には独自のチップを採用する意向と。そうなると、今まで取引をしてきた会社は「うち、今後どうなるの?」と戦々恐々ですよね。。あるネットニュースには、iPhoneの進化は大歓迎であるものの、そのiPhoneをこれまで支えてきた会社としては、「技術力のあるAppleはタフな取引相手といえそうです。」と書かれていました。本当ですね~。

docomo スマホ

ASUS、ARスマホを発売 世界初、タンゴ&デイドリーム対応

author Posted by: admin on date 12月 8th, 2017 | filed Filed under: 未分類

パソコン(PC)世界大手、華碩電脳(ASUS)は拡張現実(AR)と仮想現実(VR)機能をサポートしたスマートフォンの新機種「ZenFone(ゼンフォン)AR」の台湾での発売を発表しました。世界で初めて、米グーグルのARプラットフォーム「タンゴ AR」とスマホVR「グーグル・デイドリーム VR」のいずれの機能も搭載するスマホで、同機種をバネに今年は世界スマホシェアのトップ10入りを目指します。ASUSは14日、台北市内のデジタル製品関連の複合商業施設「三創数位生活園区」内で記者会見を行い、施崇棠(ジョニー・シー)董事長が、ZenFone ARの台湾での発売開始を発表。同日午後からASUSの直販ウェブサイトと直営店で取り扱いが始まったのです。電子商取引(EC)サイトの「PCホーム線上購物」や、ポータルサイト「雅虎台湾(ヤフー台湾)」のECサービスなどでも取り扱います。台湾では128ギガバイト(GB)版のみで、希望小売価格は2万4,990台湾元(約9万円)ということです。
参照URL

海外原語にも対応可能なmdm

author Posted by: admin on date 11月 4th, 2017 | filed Filed under: 未分類

Mdm製品は国産のものもあれば、海外製のものもあります。また日本語だけに対応しているmdmもあれば、12か国語に対応しているという優れものもあります。複数の言語に対応しているmdmであれば、メールの本文などには多様な言語を使用することがで、グローバルに活躍する企業のモバイルデバイス活用をサポートしてくれます。多くの企業では英語も必要となってきますので、英語などの他の言語にも対応できるmdmは使い勝手がよいツールと言えるでしょう。
さらにmdm製品の中には自社専用のアプリケーションストアがあるものも。アプリのマーケットプレイスには自社の業務アプリケーションは存在しません。そのためAppBoxでの既存の社内業務のアプリケーションを取り組んで活用するようにします。さらにウェブアプリはユーザーグループ単位で設定、管理ができますし、自社の承認ワークフローやグループウェアその他のモバイルでの社員に使わせるためのウェブアプリを登録することも可能です。MDM modem

mdmによるセキュリティ面の強化

author Posted by: admin on date 10月 25th, 2017 | filed Filed under: 未分類

mdmツールを導入するということは、スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末のセキュリティの確保、強化を目的としています。
ロックやワイプといった基本的な機能だけではなく、mdmに他の機器とのデータ連携近視、USBの利用禁止、カメラ機能の禁止、端末暗号化などの情報漏えい防止機能など様々な安全対策機能がついています。マルウェア対策やWebフィルタリング機能による脆弱性対策機能などセキュリティを確保した端末運用が可能になっています。
スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末は便利な反面、第三者への情報漏えいの危険性を持っているなど、使い方次第でよくも悪くもなる存在と言えます。またたくさんの数のスマートデバイスを導入する場合、きちんとした管理統制ができていなければ、業務効率を高めることにはつながりません。業務効率アップを図るためにもmdmでのスマートデバイス管理は非常に重要になってくるのです。mdmに関してはこちら

人気のmdmシステムの機能とは?!

author Posted by: admin on date 9月 17th, 2017 | filed Filed under: 未分類

Mdmツールの中には世界中で支持されているツールもあれば、日本国内だけにとどまっているツールもあります。やはり多くのユーザーから支持されているmdmシステムは安心感がありますし、それなりの機能があるので人気を集めているのです。
Mdmツールの中には資産管理、機能制限、パスワード設定、アプリケーション管理、リモートロック、デバイスの所在探知などの管理機能を持ち合わせています。資産管理とはどの部門の誰がどのデバイスを使用しているのかを一元的に管理する機能であり、機能制限とはカメラやアプリの利用や購入、Wi-Fi、SDカードの機能などの使用を制限することができます。
その他、パスワード設定ルールの今日か、アプリケーションの把握、社内で利用するアプリケーションをリモート配信するなどしています。
さらに盗難、紛失時にモバイルデバイス内のデータを初期化するリモートロック、リモート初期化や、盗難、紛失時にGPS機能によってモバイルデバイスの位置情報を確認するなども機能もあります。

情報共有できることが重要

author Posted by: admin on date 9月 11th, 2017 | filed Filed under: 未分類

よく営業マンの世界では属人化が当たり前、と言われてきましたよね。全ての顧客の情報や営業情報はそれぞれの営業マンが持っているため、もし一人の営業マンが退職したり出張に出かけた場合、担当している企業と連絡は出来ても商談を進めることはほぼ不可能になっていました。

これは企業としてはいかがなものでしょう・・。担当されている側の企業にしてみれば、なぜ情報共有できていないの?一人の担当者しか商談内容を把握できていないの?と不思議に思いますし迷惑な話でもあります。しかしこれが日本の営業の姿だったのかもしれません。

しかしそれではいけない、属人化された営業から誰もが情報を共有でき、いつでも引き継ぎが可能になること、商談も中断せずに相手企業にも迷惑をかけないで済む方法、これが必要とされるようになったんですね。

SFAという営業支援ツールはこのような属人化された営業を打破することが可能です。全てが見える化されることで情報は共有でき、これまで出来なかったことが非常にスムーズに実行できるようになるんです。

企業でのmdmが増加している

author Posted by: admin on date 9月 5th, 2017 | filed Filed under: 未分類

スマートフォンやタブレット端末は私達の生活に欠かせないツールになってきています。1人1台持つのが当たりまえになりつつある携帯ですが、多くの人はスマートフォンを利用しています。スマートフォンやタブレット端末は私用で用いる他、企業や学校などの教育機関で導入されるケースも増えてきています。ではなぜスマートフォンやタブレット端末は業務利用されるのでしょうか?
スマートフォンやタブレット端末などのモバイルデバイスは携帯性に優れており、高性能で便利なアプリケーションソフトを多く利用することができます。そのためモバイルデバイスを利用した業務の範囲が年々拡大してきているのです。モバイルデバイスは社内にいなくても、社外からもインターネット接続をすることができますし、バッテリーの寿命も長めなので、充電をしなくても長い間利用することができます。そのため企業での利用にも優れており、ビジネス効率のアップにつながるでしょう。
金額的に導入しやすいmdmの価格の例です

学校でのタブレット導入にmdmは欠かせない

author Posted by: admin on date 8月 24th, 2017 | filed Filed under: 未分類

小学校や中学校でもタブレット端末を使った授業が導入されてきています。タブレット端末を使った授業を行うことで最先端の授業を受けることができますし、遠い島にある小中学校であったとしても同じレベルの授業を受けることができます。
以前であれば大学や私立高校などでのタブレット端末を使った授業が一般的に行われてきましたが、ここ最近では公立の小中学校でも授業にタブレット端末が活用されるようになってきました。またタブレット端末を利用した公開授業や発表会なども積極的に行っています。
文部科学省では2020年には、1人1台のタブレット端末などモバイルデバイスの導入環境を実現しようといつ流れになってきています。
タブレット端末を導入するにあたってメリットばかりではありません。デメリットもあるのです。その1つが、タブレットの運用と管理です。この問題を解決するのに欠かせないのがmdmです。mdmはモバイルデバイスを一括管理できる機能であり、学校でのタブレット導入にmdmは欠かせません。
学校での利用に貢献するmdm