Archive for the ‘未分類’ Category

モバイルデバイス端末管理は必須

author Posted by: admin on date 6月 7th, 2018 | filed Filed under: 未分類

モバイル端末管理ツールとして知られているmdmは、企業や教育機関などで大量のモバイルデバイス端末を導入する上で欠かせない管理ツールになっています。
スマートフォンやタブレットなどモバイルデバイス端末の発展によって、従業員が私物のモバイルデバイスや、会社支給のモバイルデバイス端末を業務で使用することが増えています。それに伴い企業側としては様々な対応が必要であり、社員が個別に管理しているモバイルデバイス端末を一括で管理するmdm=モバイルデバイス端末管理ツールが重要になってきます。モバイルデバイス端末に対してセキュリティを強化するシステムは欠かせないでしょう。
取り扱う情報量が膨大となった今、企業ではモバイルデバイス端末の利用やモバイルデバイス端末管理ツールであるmdmは必須となっています。
モバイルデバイス端末管理ツールであるmdmの機能は様々です。主な機能として組織の海藻に応じてモバイルデバイス端末の管理が可能になっています。
組織構造に対応して、部署などのグループ単位でモバイルデバイス端末を管理できます。

byod禁止事例の企業で起こる懸念

author Posted by: admin on date 5月 27th, 2018 | filed Filed under: 未分類

メリットの反面、デメリットも多いbyodは、導入事例が増える半面、導入を慎重に検討する企業が多いのも事実です。
大手企業においてもmdm導入事例は増えてきていますが、byodの禁止、黙認のリスクも存在します。
byod禁止を明言している企業もありますが、逆にbyodを黙認している企業もあります。
byod禁止の企業では、byodの禁止を明文化している場合、支給するモバイルデバイス端末の性能が低いもの出会ったり、社内情報システムが不便なままだと、個人所有のモバイルデバイス端末を仕事に利用しようとする人は増えていきます。
そうすると、byod対策をきちんととれてない企業の場合、セキュリティ面が弱く、すぐに悪意のある第三者によってセキュリティを破られ、情報を盗まれてしまうことがあるのです。
byodを禁止ている企業でも黙認している企業においても、byodに対する対策はしっかりと強化しなければいけないのです。

mdmの必要性

author Posted by: admin on date 5月 17th, 2018 | filed Filed under: 未分類

mdmはスマートフォンやタブレット端末を導入する上で欠かせない管理ツールです。
特に企業や教育現場などで大量のモバイルデバイス端末を導入する時には、それらのモバイルデバイス端末を全て一括して管理する必要があります。その管理がきちんと行われていない場合、セキュリティリスクが高まり、企業の機密情報や生徒たちの個人情報などが第三者の手に流れてしまう可能性もあるのです。
大量のモバイルデバイス端末を一元管理できる管理システムツールこそがmdmなのです。
mdmはセキュリティ管理を高まる他、デバイスの活用を促進可能です。
マルチOSやマルチデバイスに対応しているmdmであれば、どんな機種、どんな端末であっても一括しての管理が可能です。安心、安全、効率的なタブレット運用に欠かせないツールこそがmdmなのです。
mdmはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する時に、一緒に導入するケースが多く、mdmとモバイルデバイス端末導入はセットで考えられているという現状があります。

教育現場でmdm管理は一般的になっている。その事例とは?

author Posted by: admin on date 4月 30th, 2018 | filed Filed under: 未分類

スマートフォンやタブレットの普及によって私達がモバイルデバイス端末に触れ合う機会は増えています。特に教育現場においてはモバイルデバイス端末導入事例が増えています。公立の小中学校でもモバイルデバイス端末を導入する教育機関は多く、大量のモバイルデバイス端末管理の課題が浮き彫りになってきています。
全生徒にタブレットなどを導入するとなると1000台以上のモバイルデバイス端末を一括して管理しなければならない教育現場も多いです。
そこでmdmツールを用いて一元管理が必要となってきます。Mdmソリューションでは、様々な機種のマルチデバイスに対応した管理ツールであり、一括した初期設定やアプリの配信などを行います。
Mdmソリューションを用いた教育現場では、教育の可能性が拡大し、校務効率化にもつながるモバイル端末環境を実現しています。
また多用なモバイルデバイス端末の管理が可能になり、生徒が自由に端末利用ができるようになっています。http://www.ascentnet.co.jp/mdm-modem/apple-dep対応mdmについて/

法人・教育機関向けアプリ配信プログラムVPPとは?

author Posted by: admin on date 4月 19th, 2018 | filed Filed under: 未分類

pple社が提供するVPPは法人機関、教育機関がアプリケーションの購入、配布するためのビジネス向けプログラムになります。
VPPは学校や企業で導入したiOSやMacのデバイス利用が増える中で、業務で必要なアプリケーションを利用する機会も増え、アプリの導入によって効率化する目的でapple社より提供されたプログラムになります。
VPPはappleストアのアプリを一括で購入することによって、ユーザーのモバイルデバイス端末に直接配布します。直接アプリを配布してしまうことで、企業や学校のユーザーが業務で使用するアプリを簡単に使えるようになるのです。またユーザーが退職したり、卒業したりした場合には、所有権をいったん管理者の元に回収します。
回収して別のユーザーが再び利用できるように、設定しなおすことでそのアプリケーションの所有者は簡単に移し替えることができるのです。
VPPを利用すれば、費用のコストカット、作業の軽減化につながります。VPPとは?法人・教育機関向けアプリ配信プログラム

世界的にも事例が増えているBYODとは?

author Posted by: admin on date 4月 8th, 2018 | filed Filed under: 未分類

アメリカやヨーロッパ諸国、アジア圏など世界的にみるとbyodを導入している企業は非常に多いです。日本企業においてもbyod導入事例はここ数年で急激に増加してきています。Byodとは個人のスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末を業務に利用することを言います。従業員は企業から支給されるスマホやタブレットなどのスマートデバイス端末だと、普段使用している自分のスマートデバイス端末と操作の仕方が違うので、使いづらいと感じることが多々あります。一方byodであれば慣れ親しんだ自分のスマートデバイス端末を使用することができるのでより一層業務の効率化を図ることができるのです。企業によってはコスト削減につながるというメリットもあり、今後さらにbyodを導入する企業事例は増えてくるでしょう。Byod導入にあたっては、利用者の利便性を確保しながら、企業にダメージを加えないような管理をしっかりと行う必要があります。そこで必要となってくるのがmdmの存在なのです。国内のBYOD(Bring Your Own Device)の状況 – MDM Blog

mdm導入メリット

author Posted by: admin on date 3月 29th, 2018 | filed Filed under: 未分類

スマートフォンやタブレットを学校や企業などで一括して導入する場合、初期設定やアプリの配信などを、管理者が全て行って、管理するとなると非常に大変です。また管理者の負担が大きくなるだけではなく、管理しきれなくなってしまう可能性もあるでしょう。
そこで企業や教育機関でスマートデバイス端末を導入する場合、mdmツールでスマートデバイス端末を一括管理するのが一般的です。mdmツールを利用することで、情報漏えいリスクを回避する、不正利用の防止ができる、端末情報を収集できる、端末の一元管理ができるなどのメリットが得られます。
情報漏えいを防ぐというのは、スマートデバイス端末の紛失、盗難の際に、外部に漏れては困る情報が漏えいするのを防ぐことができます。また不正利用の防止では、会社が支給しているスマートデバイス端末を業務以外の用途に使用するのを防止できます。また端末情報収集では、スマートデバイス端末がどのような状況にあるかを確認できます。www.ascentnet.co.jp

mdmのゾーニングアクション

author Posted by: admin on date 3月 19th, 2018 | filed Filed under: 未分類

Mdmの基本的機能の1つが、セキュリティ設定、監視設定になります。セキュリティ設定ではスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末のデバイス制御やアプリケーションの利用制限での不正使用の抑止することができます。セキュリティ設定の中でもゾーニングアクションと呼ばれる機能は非常に重要です。このゾーニングアクションとは指定したWi-Fiエリアへの進入や退出を自動で検知して、その条件に応じたアクションを実行することができるのです。検出から実行までの処理はスマートデバイス端末内のアプリケーションで完結するので、スマートデバイス端末がインターネットに接続されていない状態、オフライン状態でも実行可能になっています。
ロック設定やサイレン設定、初期化、個別データ削除などの機能があります。もしも利用禁止エリアにモバイルデバイス端末が侵入した場合、侵入を検知したらカメラ機能を制限するなどの制限設定が可能になります。参照URL

外食産業でもmdmが導入されている

author Posted by: admin on date 2月 26th, 2018 | filed Filed under: 未分類

外食先で、スマートフォンやタブレット、iPodtouchなどを使ってメニューを入力して、調理場に伝達するという光景を見たことがある人も多いでしょう。以前であれば注文用のハンディーなどがありましたが、近年ではスマートデバイス端末でメニューをうかがう外食チェーンが増えています。
このスマートデバイス端末には専用アプリが入っており、メニューを入力すると調理場に伝達されるというシステムになっています。
今までもハンディーと呼ばれる専用通信端末で行っていた企業は多かったのですが、表蓋が開閉式なものが多く、壊れやすいというデメリットがありました。壊れるということは修理するのに費用が発生するのでその分コストが割高になってしまいます。一方iPodtouchなどのスマートデバイス端末を利用すれば、修理コストを3分の1 程度まで削減することにまでつながるのです。
外食チェーンでiPodtouchを使用する場合、高いセキュリティを確保するために、ユーザーによる設定プロファイルの削除が不可能な状態にする機能が必要になってくるわけです。それらを実現するためにはmdmは欠かせません。mdmとは

遠隔処理代行サービスあるmdmは安心

author Posted by: admin on date 2月 16th, 2018 | filed Filed under: 未分類

mdmツールを用いてスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末を一元管理すれば、管理責任者の負担は軽減されます。しかしそれでも管理者が全て一括して管理をするということは非常に大変なことです。
そこでmdmサービスを提供する企業によっては、管理者サポートが充実しているメーカーもあります。
管理者の負担軽減や、mdmツール自体を円滑に活用してもらうために、サポートメニューを用意しているmdm製品であれば、使い勝手もよく、管理者としても管理効率が格段にアップするでしょう。
管理者サポート機能はそれぞれのmdm製品によって異なりますが、24時間365日紛失時対策代行サービスがあります。
このサービスは24時間365日、遠隔処理の代行をしてくれるオプション機能であり、夜間や休日などIT管理者が不在の時何かトラブルが起こってしまっても安心です。万が一の紛失や盗難も、専門のスタッフが24時間365日遠隔処理で代行してくれているので安心です。Ascent Networks MoDeM