Archive for the ‘未分類’ Category

byod導入時によるmdmソリューションで行うべきこと

author Posted by: admin on date 11月 11th, 2018 | filed Filed under: 未分類

スマートフォンなどのモバイルデバイス端末を業務で利用する場合、どのようなことを業務で使用するのかは会社や教育機関など導入する企業や組織によって異なります。
企業ではメールチェック、スケジュール確認、プレゼンテーションなどの機能が標準的な用途として利用されるでしょう。従業員にスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を支給する場合は全てのモバイルデバイス端末を一括で管理するmdmを導入することが多いです。
私物のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末などを業務で使用するbyodを導入している場合も、モバイルデバイス端末を一括管理するmdmソリューションの導入は必須となります。
私物のスマートフォンを業務で使用するbyodの場合には、モバイルデバイス端末で最低限実施させたいことを決定して、利用制限などの設定をどうするのかを考える必要があるでしょう。
利用するイメージを持てば、他社の、導入事例をチェックして調査するとよいでしょう。

mdmを導入する目的を明確にしよう

author Posted by: admin on date 11月 1st, 2018 | filed Filed under: 未分類

企業や教育現場でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する際に、一括管理を円滑に行うために欠かせないツールとなるのがmdmです。mdmはモバイルデバイス管理ツールであり、mdm製品の導入にあたり最も重要なのが、mdmを導入することでどのようなことを達成したのか、その目的を明確にすることです。
この目的を明確化することで必要機能の見極めが可能になります。
導入する企業によって管理する機能やmdmに求めるものは異なります。mdmの製品によって機能にも特徴の違いあるため、一概にどれがよいとは言い切れません。その企業にあったmdm製品を選ぶことが重要でしょう。
モバイルデバイス端末新規配布時に必要な各種設定や配布後の設定変更を簡便かつ迅速に行い、大量のモバイルデバイス端末を一元管理したいという場合には資産管理、遠隔ポリシー設定、実行、アプリケーション配信・削除などの機能があるとよいでしょう。

byodが進む企業のmdmソリューション

author Posted by: admin on date 10月 1st, 2018 | filed Filed under: 未分類

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末をビジネスにおいても活用するという企業は非常に多いです。大半の企業ではスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の業務導入を進めています。スマートフォンは以前の携帯電話とは異なり、様々なデータを保存でき、小型パソコンのような機能の充実性が魅力です。高機能のスマートフォンは社外で業務を行う時には非常に便利であり、モバイルデバイスのネットワーク機能によってモバイルデバイスからクラウドやグループウェアなどにアクセスすることも可能です。その結果情報共有も簡単に行えるようになっているのです。
従来であれば、ノートパソコンを常に携帯しているのが必須だった業務でも、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末だけでの業務が可能になっています。
また企業によっては個人が所有しているモバイルデバイス端末を業務で使用するbyodへの取り組みを進めるところも増えています。byodを導入するにあたってはmdmソリューションでしっかりとセキュリティ対策を行わなければ、企業の機密情報や個人情報が漏えいする危険性もあります。

スマホ導入事例ではmdmを活用している?!

author Posted by: admin on date 9月 21st, 2018 | filed Filed under: 未分類

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入した企業の導入事例を見ていると、その大半の企業ではスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を円滑に管理、使用するためにmdmを利用して管理していることが分かります。
mdmはモバイルデバイス端末管理のソリューションであり、スマートフォンやタブレットが紛失、盗難された時のための情報漏えいリスク防止や資産管理、使用制限、セキュリティ強化など様々な機能を利用することができます。
特にスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を初期導入する際には、初期導入設定をしなければなりません。この初期導入設定作業はmdmを導入している事例においては、非常にスムーズに効率よく設定できるのです。
きちんと設定されていなければ安全、安心にモバイルデバイス端末を利用できませんし、管理が徹底されていない状態だと、逆に業効率が下がってしまう恐れもあります。

byodから分かる課題とは?

author Posted by: admin on date 9月 11th, 2018 | filed Filed under: 未分類

byodという言葉を日本でもここ数年でよく耳にするようになりました。このbyodはbring your own deviceという意味になります。
deviceのことであり、従業員に会社が業務用のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を支給するのではなく、従業員が私物として使用しているスマートフォンやタブレットなどを業務でも利用することを言います。
面倒くさいと感じるかもしれませんが、企業としては業務効率アップにつながりますし、きちんと管理設定されていれば特に問題はありません。
byodを導入することで、私物と会社用のスマホで混同するという人は多いでしょう。byodの課題としては費用面に関してと、モバイルデバイス端末の使用制限などができないという点があります。この点においては,会社側と個人でしっかりと話し合っておく必要があり、何か決まり事を決めておくのもよいかもしれません。

mdmのリモートワイプとは?

author Posted by: admin on date 8月 31st, 2018 | filed Filed under: 未分類

企業や教育機関でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する場合、導入した全てのモバイルデバイス端末の初期設定やアプリ配信、使用制限など様々な設定を行わなければなりません。
その際に、活躍するのがmdmです。mdmはモバイルデバイス端末管理ツールのことであり、初期設定を一括で行ったり、アプリの自動配信を行ったり、資産管理や利用制限の設定など様々な機能が備わっています。
今や企業でモバイルデバイス端末を導入する時にはmdmは欠かせない管理ソリューションになっています。
このmdm管理ツールの機能の1つが、リモートロックやリモートワイプになります。
リモートロックは遠隔操作でモバイルデバイス端末が使用できないようにロックをかけることです。一方リモートワイプはスマホやタブレットなどのモバイルデバイス端末を遠隔地から操作して、端末に保存されているデータを削除する機能のことを言います。

適応性があるmdmの市場は今後さらに広がる

author Posted by: admin on date 8月 21st, 2018 | filed Filed under: 未分類

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の普及に伴い、モバイルデバイス端末導入に置いて欠かせないmdmの市場は拡大しています。
mdmとはモバイルデバイス端末管理ツールのことであり、マスターデータを一元的に統合管理することで、関連する全てのデータへアクセスを可能にしてくれます。
業務効率向上につながり、コスト削減にもなるmdmは、新規顧客獲得や意思決定の向上、企業統合などにも欠かせません。
mdmには様々な側面があり、二重メンテの排除という意味では管理業務の効率化につながります。様々な要件に対して適応性のある柔軟なプラットフォームアプローチが可能なmdmはデータ層の統合プラットフォームであり、異種システム間の連携はもちろん、単一ドメインからマルチドメインまで広く対応することが可能です。また柔軟性が高くスモールスタートから可能なので、企業に合わせて機能を維持できます。mdm市場は今後さらに拡大するでしょう。

モバイルデバイス端末導入に必須のmdm

author Posted by: admin on date 8月 10th, 2018 | filed Filed under: 未分類

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末導入に必須の定番ソリューションと言えばmdmです。mdmはモバイルデバイス端末管理ツールのことであり、セキュリティを重視したい企業には欠かせません。mdmで得に人気があるのがクラウド型です。クラウド型のモバイルデバイス端末管理、活用のプラットフォームとして構成されており、特別なサーバーやハードウェアは必要としていません。ニーズに応じサービスをユーザーが選択できるようになっています。
mdm製品中にはmdmの基本的な機能であるリモートでのスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末管理だけではなく、mamやi-Filterと連動したサイトアクセス管理やウイルス対策までスマートワークにおけるモバイルデバイス端末導入で必要となる機能が網羅されている製品も多いのです。
またmdmで対応できるプラットフォームもiPhoneなどのiOSだけではなく、androidやWindows10なども対応しています。
mdmはユーザビリティに優れた管理画面があるのも特徴です。整理された管理画面ではどの作業をしているのかが分かりやすくなっています。

bring your own deviceでのアクセス問題

author Posted by: admin on date 7月 30th, 2018 | filed Filed under: 未分類

bring your own deviceは私用のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を企業の業務に利用することを言い、byodと呼ばれることもあります。
bring your own deviceを導入すると企業側としては端末にかかる費用や初期導入にかかる負担が軽減できます。また従業員側としては使い慣れたモバイルデバイス端末を使って業務を行うことができるので業務効率アップにつながります。
しかしbring your own deviceにはアクセス方法などで課題が残ります。
カレンダーやメールなどを手元のスマホから見たいという場合、クラウドサービスを利用していない場合には、会社のネットワークに接続しなければなりません。スマートフォンから安全に社内のネットワークに接続するためにはVPN接続などの仕組みを作らなければならないのです。bring your own deviceを導入するには様々な問題をクリアする必要があるでしょう。

mdm導入事例からわかるmdmの違い

author Posted by: admin on date 7月 19th, 2018 | filed Filed under: 未分類

日本でもスマートフォンやタブレットの普及に伴い、業務においても便利なスマートフォンやタブレットを導入する企業が増えてきています。mdm市場を見ていても日本国内だけでもmdm市場は伸び続けており、導入事例も増えています。
mdmと一言でいってもmdm製品によってそれぞれの機能や特徴、操作方法、利用料金などは異なります。導入事例をチェックしつつ、企業として求めているmdmなのかを見極めて選別する必要があるでしょう。
mdmを導入する場合、導入事例が豊富である製品を選んだ方が安心感はあります。特に大規模運用ユーザーを中心に多種多様な企業、教育機関、医療機関などで採用されているmdmであれば、セキュリティもしっかりしており、トラブルが起きた時にも早急に対してくれます。
自分の企業に求める機能を明確にしながら、mdm導入事例をチェックしてみるとよいでしょう。
国内専用のmdmもあれば、海外に向けて発信しているmdmもあります。