Archive for the ‘未分類’ Category

海外原語にも対応可能なmdm

author Posted by: admin on date 11月 4th, 2017 | filed Filed under: 未分類

Mdm製品は国産のものもあれば、海外製のものもあります。また日本語だけに対応しているmdmもあれば、12か国語に対応しているという優れものもあります。複数の言語に対応しているmdmであれば、メールの本文などには多様な言語を使用することがで、グローバルに活躍する企業のモバイルデバイス活用をサポートしてくれます。多くの企業では英語も必要となってきますので、英語などの他の言語にも対応できるmdmは使い勝手がよいツールと言えるでしょう。
さらにmdm製品の中には自社専用のアプリケーションストアがあるものも。アプリのマーケットプレイスには自社の業務アプリケーションは存在しません。そのためAppBoxでの既存の社内業務のアプリケーションを取り組んで活用するようにします。さらにウェブアプリはユーザーグループ単位で設定、管理ができますし、自社の承認ワークフローやグループウェアその他のモバイルでの社員に使わせるためのウェブアプリを登録することも可能です。MDM modem

mdmによるセキュリティ面の強化

author Posted by: admin on date 10月 25th, 2017 | filed Filed under: 未分類

mdmツールを導入するということは、スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末のセキュリティの確保、強化を目的としています。
ロックやワイプといった基本的な機能だけではなく、mdmに他の機器とのデータ連携近視、USBの利用禁止、カメラ機能の禁止、端末暗号化などの情報漏えい防止機能など様々な安全対策機能がついています。マルウェア対策やWebフィルタリング機能による脆弱性対策機能などセキュリティを確保した端末運用が可能になっています。
スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末は便利な反面、第三者への情報漏えいの危険性を持っているなど、使い方次第でよくも悪くもなる存在と言えます。またたくさんの数のスマートデバイスを導入する場合、きちんとした管理統制ができていなければ、業務効率を高めることにはつながりません。業務効率アップを図るためにもmdmでのスマートデバイス管理は非常に重要になってくるのです。mdmに関してはこちら

人気のmdmシステムの機能とは?!

author Posted by: admin on date 9月 17th, 2017 | filed Filed under: 未分類

Mdmツールの中には世界中で支持されているツールもあれば、日本国内だけにとどまっているツールもあります。やはり多くのユーザーから支持されているmdmシステムは安心感がありますし、それなりの機能があるので人気を集めているのです。
Mdmツールの中には資産管理、機能制限、パスワード設定、アプリケーション管理、リモートロック、デバイスの所在探知などの管理機能を持ち合わせています。資産管理とはどの部門の誰がどのデバイスを使用しているのかを一元的に管理する機能であり、機能制限とはカメラやアプリの利用や購入、Wi-Fi、SDカードの機能などの使用を制限することができます。
その他、パスワード設定ルールの今日か、アプリケーションの把握、社内で利用するアプリケーションをリモート配信するなどしています。
さらに盗難、紛失時にモバイルデバイス内のデータを初期化するリモートロック、リモート初期化や、盗難、紛失時にGPS機能によってモバイルデバイスの位置情報を確認するなども機能もあります。

情報共有できることが重要

author Posted by: admin on date 9月 11th, 2017 | filed Filed under: 未分類

よく営業マンの世界では属人化が当たり前、と言われてきましたよね。全ての顧客の情報や営業情報はそれぞれの営業マンが持っているため、もし一人の営業マンが退職したり出張に出かけた場合、担当している企業と連絡は出来ても商談を進めることはほぼ不可能になっていました。

これは企業としてはいかがなものでしょう・・。担当されている側の企業にしてみれば、なぜ情報共有できていないの?一人の担当者しか商談内容を把握できていないの?と不思議に思いますし迷惑な話でもあります。しかしこれが日本の営業の姿だったのかもしれません。

しかしそれではいけない、属人化された営業から誰もが情報を共有でき、いつでも引き継ぎが可能になること、商談も中断せずに相手企業にも迷惑をかけないで済む方法、これが必要とされるようになったんですね。

SFAという営業支援ツールはこのような属人化された営業を打破することが可能です。全てが見える化されることで情報は共有でき、これまで出来なかったことが非常にスムーズに実行できるようになるんです。

企業でのmdmが増加している

author Posted by: admin on date 9月 5th, 2017 | filed Filed under: 未分類

スマートフォンやタブレット端末は私達の生活に欠かせないツールになってきています。1人1台持つのが当たりまえになりつつある携帯ですが、多くの人はスマートフォンを利用しています。スマートフォンやタブレット端末は私用で用いる他、企業や学校などの教育機関で導入されるケースも増えてきています。ではなぜスマートフォンやタブレット端末は業務利用されるのでしょうか?
スマートフォンやタブレット端末などのモバイルデバイスは携帯性に優れており、高性能で便利なアプリケーションソフトを多く利用することができます。そのためモバイルデバイスを利用した業務の範囲が年々拡大してきているのです。モバイルデバイスは社内にいなくても、社外からもインターネット接続をすることができますし、バッテリーの寿命も長めなので、充電をしなくても長い間利用することができます。そのため企業での利用にも優れており、ビジネス効率のアップにつながるでしょう。
金額的に導入しやすいmdmの価格の例です

学校でのタブレット導入にmdmは欠かせない

author Posted by: admin on date 8月 24th, 2017 | filed Filed under: 未分類

小学校や中学校でもタブレット端末を使った授業が導入されてきています。タブレット端末を使った授業を行うことで最先端の授業を受けることができますし、遠い島にある小中学校であったとしても同じレベルの授業を受けることができます。
以前であれば大学や私立高校などでのタブレット端末を使った授業が一般的に行われてきましたが、ここ最近では公立の小中学校でも授業にタブレット端末が活用されるようになってきました。またタブレット端末を利用した公開授業や発表会なども積極的に行っています。
文部科学省では2020年には、1人1台のタブレット端末などモバイルデバイスの導入環境を実現しようといつ流れになってきています。
タブレット端末を導入するにあたってメリットばかりではありません。デメリットもあるのです。その1つが、タブレットの運用と管理です。この問題を解決するのに欠かせないのがmdmです。mdmはモバイルデバイスを一括管理できる機能であり、学校でのタブレット導入にmdmは欠かせません。
学校での利用に貢献するmdm

端末ストレス

author Posted by: admin on date 8月 14th, 2017 | filed Filed under: 未分類

MDMの話題となるとBYODの話題も避けて通れない。いわゆる「私物端末」の業務利用だ。一昔前であれば業務用の端末であれば会社が用意し、従業員に持たせるのが一般的であり、それで何の問題もなかったのだが、スマホの性能は短期間でも著しく向上する。場合によっては私物の端末の方が遥かに高性能であり、型落ちの低スペック端末で業務を強要される事にストレスを感じる者も出るだろう。特に若者の一部では最新の端末を持つ事がある種のステイタスでもあり、生産性を高めるという側面よりも、使い慣れた自分の端末を使った方が、楽だし早いという合理的な解釈から、未承認の端末が業務利用されてしまうというケースも少なからず存在し、シャードーITとも呼ばれ管理者を悩ませるセキュリティーホールの一つとなっている。このBYODに対しては中立的な立場で考えるというのは難しい。認めるなら認めるでキチンと対応すべき問題であるし、認めないなら認めないで、デジタル証明書の発行など、許可された端末以外での業務を不可能にするなどの選択が求められる。どちらにせよ「黙認」という選択肢は無い物と考えよう。http://ascentnet.co.jp/mdm-modem/

資産管理

author Posted by: admin on date 8月 4th, 2017 | filed Filed under: 未分類

言うまでもなく社用の端末となればそれは社の財産でであり管理すべき資産となる。その管理においてMDMは有効な管理ツールであると同時にセーフティーラインの役割も果たす。使用する端末が多ければ多いほど、また複数の部所で異なる用途で使用するなど、用途が多岐に渡るほど、その恩恵は大きくなる。専用のアプリを導入するにしても、ライセンス契約は台数毎という事にもなる。当然、何台分必要なのかを「正確に」把握する必要もあるだろう。そもそも決して安い買い物でもない。どこかで無駄が出ているという状況は紛失にも近い損失となる。それらの端末が正常に活用されているかどうかも、資産運用という意味では管理者が把握しておくべき内容であり、余剰の端末に月額を払うなどいう事が無いように務めなければならない。加えて、数百大規模での運用となると・・・無くす。月に数台は紛失事故が起こりうる。なんでだよ!と思うかもしれないが、無くなってしまう。MDMで紛失時の備えというよりは、事後処理として無くなった端末も「管理」しなければならない。トライアル可能なMDM modem

mdm管理によるアクセスコントロールの細分化

author Posted by: admin on date 7月 27th, 2017 | filed Filed under: 未分類

mdmをビジネス活用するとビジネスに必要な情報、コンテンツなどをすべてスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスに配信することができます。また複数のコンテンツ管理者アカウントを作れば、それぞれのアカウントにコンテンツの管理権限を委任することも可能です。コンテンツ管理者同士ではモバイルデバイスに配信された相互のコンテンツを閲覧できないようにすることもできるのでmdm管理を使ったビジネス活用ではアクセスコントロールの細分化をすることができるでしょう。
アクセスコントロールの細分化をすることによって例えば営業部から個人へ情報や人事部から個人への人事通知情報などを配信することもできますし、支社、支店などに限定した情報を配信することもできます。それぞれのコンテンツに適切な管理者を設定することで、よりビジネス活用しやすくなり、アクセスコントトールの細分化によって情報が漏洩する危険性を未然に防ぐこともできるのです。
MDMとは – 管理って?

屋内用端末

author Posted by: admin on date 7月 17th, 2017 | filed Filed under: 未分類

MDMにおいて管理下に置かれるのはMDMのMDの部分、モバイルデバイスであり、携帯し持ち歩く事が前提になっている。スマホ自体が携帯電話の進化版という捉え方ができるように、その携帯性が売りの一つでもある。一方で基本的な機能としてスマホはWi-Fi環境下での通信が可能な機器でもある。つまりはキャリアの契約無しでもWi-Fi環境下であれば一部の機能に制限がかかるものの、ネットワーク機能を用いる事は可能である。用途を限定する事で社内から持ち出すことのない端末はキャリア契約不要という事にもなる。もちろんそれらの端末もMDMの管理下で動作する。型落ちのタブレットなどは比較的安価に購入できるし、キャリア契約がなければ当然月々の使用料金も電気代だけだ。会議で使用する資料などを屋内用端末に一括配信し活用することで「紙」の浪費もかなり削減できる。またMDMの機能の中には特定のエリア外での使用を抑制する機能を持つ物も多い。旧式と言えど基本的には高性能な機器である。MDMサービスの付加的部分を上手く活用できれば旧式の端末にもまだまだ活躍の場は残されている。MDMの基本機能