Archive for 3月, 2019

byod事例からわかる現状

author Posted by: admin on date 3月 28th, 2019 | filed Filed under: 未分類

byodは私物のモバイルデバイス端末を業務で使用することをいいます。byod導入事例においては、モバイルデバイス端末自体の管理状況が不明となっている私物のモバイルデバイス端末を制限なく、社内のネットワークに接続させることは非常に危険です。またその私物モバイルデバイス端末を業務で利用すれば、社内の機密情報や個人情報などが外部に流出してしまう危険性も大きくなってしまいます。
つまりbyodを導入するにあたり、ネットワークのセキュリティ、情報セキュリティは大きな問題となるのです。byod導入と運用に当たって、社内の制度の整備、技術面での対応は必須となるでしょう。
byodを認めていない会社も少なからずあります。セキュリティ上のリスクをとることを嫌がるような保守的な企業や、環境を整備するためのリソースがない会社においては、byodを認めないという事例も少なくありません。
しかしこのようなbyodを認めていない企業においても、実は従業員が隠れてbyodを利用している可能性もあるので非常に危険です。

mdmとは何なのか?

author Posted by: admin on date 3月 18th, 2019 | filed Filed under: 未分類

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末は利便性が高く、業務効率を高めるためには欠かせないアイテムとなっています。しかしその反面、セキュリティ管理は煩雑となり、モバイルデバイス端末の運用や管理コストの上昇が懸念材料となりつつあります。モバイルデバイス端末のセキュリティ管理を高めるためにはmdmツールの導入が理想的でしょう。mdmとはmobile device managementのことであり、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を一括して管理するための管理ツールになります。プライベートでモバイルデバイス端末を使用する際には、セキュリティ管理はそれほど重要視されないことが多いのですが、業務でスマートフォンやタブレットなどを使用する場合には、顧客情報や会社の機密情報などがモバイルデバイス端末に保存されることになるので、しっかりとしたセキュリティ管理を行う必要があります。情報漏えいの危険性が高いと企業としてのリスクも高くなってしまいます。

無駄なコスト、管理を減らしてくれるVPPとは?

author Posted by: admin on date 3月 8th, 2019 | filed Filed under: 未分類

VPPは法人や教育機関が利用できるbusiness向けのプログラムであり、大量に導入されたモバイルデバイス端末のアプリケーションの購入、配布のための便利なツールになります。
VPPでアプリケーションを購入して、ユーザーへと配布したアプリケーションは、ユーザーが退職した場合や、必要ではなくなった場合に、所有者をいったん回収して別のユーザーが再利用できるように設定することもできます。
ユーザーが再利用できるように設定することでアプリケーションの所有者を簡単に差し替えることができるのです。VPPを利用すれば、ユーザーに配布してしまった有料のアプリケーションをもう1度購入するという必要もないので、無駄なコストを削減することができます。また管理者の作業負担も軽減できるので、MDMでの管理と並んで、VPPもうまく活用していくことで、よりスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を円滑に導入できるでしょう。