mdm機能は異なるので比較が必要

author Posted by: admin on date 12月 21st, 2018 | filed Filed under: 未分類

営業職員にスマートフォンやタブレットを会社が支給した場合、外勤先でも移動中でもメールチェックや資料の確認などができるため、業務効率アップにつながります。
営業職でのスマートフォンやタブレットの利用は普及率も高く、多くの企業がモバイルデバイス端末の導入を行っています。このモバイルデバイス端末を導入した場合に必要になってくるのがmdmの存在です。mdmはモバイルデバイス端末を管理するためのツールであり、mdmを導入することで円滑に大量のモバイルデバイス端末を一括管理できるようになるでしょう。
mdmを導入する場合には、それぞれのmdm製品によって機能面や使用方法などが異なるので比較が重要です。
営業職員が使用するモバイルデバイス端末をmdmで管理すれば、端末の暗号化HDDとの連携ができるmdmもあります。紛失、盗難時には暗号鍵のみ消去されます。サービス窓口を含めた運用業務を代行できるサービスがあるmdmもあるでしょう。

     Add A Comment

trackback Trackback URI | rsscomment Comments RSS