byod導入時によるmdmソリューションで行うべきこと

author Posted by: admin on date 11月 11th, 2018 | filed Filed under: 未分類

スマートフォンなどのモバイルデバイス端末を業務で利用する場合、どのようなことを業務で使用するのかは会社や教育機関など導入する企業や組織によって異なります。
企業ではメールチェック、スケジュール確認、プレゼンテーションなどの機能が標準的な用途として利用されるでしょう。従業員にスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を支給する場合は全てのモバイルデバイス端末を一括で管理するmdmを導入することが多いです。
私物のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末などを業務で使用するbyodを導入している場合も、モバイルデバイス端末を一括管理するmdmソリューションの導入は必須となります。
私物のスマートフォンを業務で使用するbyodの場合には、モバイルデバイス端末で最低限実施させたいことを決定して、利用制限などの設定をどうするのかを考える必要があるでしょう。
利用するイメージを持てば、他社の、導入事例をチェックして調査するとよいでしょう。

     Add A Comment

trackback Trackback URI | rsscomment Comments RSS