Archive for 7月, 2018

bring your own deviceでのアクセス問題

author Posted by: admin on date 7月 30th, 2018 | filed Filed under: 未分類

bring your own deviceは私用のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を企業の業務に利用することを言い、byodと呼ばれることもあります。
bring your own deviceを導入すると企業側としては端末にかかる費用や初期導入にかかる負担が軽減できます。また従業員側としては使い慣れたモバイルデバイス端末を使って業務を行うことができるので業務効率アップにつながります。
しかしbring your own deviceにはアクセス方法などで課題が残ります。
カレンダーやメールなどを手元のスマホから見たいという場合、クラウドサービスを利用していない場合には、会社のネットワークに接続しなければなりません。スマートフォンから安全に社内のネットワークに接続するためにはVPN接続などの仕組みを作らなければならないのです。bring your own deviceを導入するには様々な問題をクリアする必要があるでしょう。

mdm導入事例からわかるmdmの違い

author Posted by: admin on date 7月 19th, 2018 | filed Filed under: 未分類

日本でもスマートフォンやタブレットの普及に伴い、業務においても便利なスマートフォンやタブレットを導入する企業が増えてきています。mdm市場を見ていても日本国内だけでもmdm市場は伸び続けており、導入事例も増えています。
mdmと一言でいってもmdm製品によってそれぞれの機能や特徴、操作方法、利用料金などは異なります。導入事例をチェックしつつ、企業として求めているmdmなのかを見極めて選別する必要があるでしょう。
mdmを導入する場合、導入事例が豊富である製品を選んだ方が安心感はあります。特に大規模運用ユーザーを中心に多種多様な企業、教育機関、医療機関などで採用されているmdmであれば、セキュリティもしっかりしており、トラブルが起きた時にも早急に対してくれます。
自分の企業に求める機能を明確にしながら、mdm導入事例をチェックしてみるとよいでしょう。
国内専用のmdmもあれば、海外に向けて発信しているmdmもあります。

スマートフォンのセキュリティ対策にはmdmが欠かせない

author Posted by: admin on date 7月 8th, 2018 | filed Filed under: 未分類

スマートフォンの業務利用が急増している現在、セキュリティ対策が必須と言われています。
現在企業や教育現場ではスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の導入が進んでいます。モバイルデバイス端末は持ち運びが便利で機能も高性能なため、社外でもインターネットに接続でき、場所を問わずいつでもどこでも業務を行うことができ非常に便利です。
しかしモバイルデバイス端末の利用が進めば進むほど、モバイルデバイス端末内の情報漏洩やセキュリティのリスクが増加してしまうと懸念されています。
万が一に備えたセキュリティ対策として欠かせないのが、mdmです。mdmはモバイルデバイス端末管理ツールのことであり、このmdmを導入することによってスマートフォンのセキュリティ対策を行うことができるのです。
企業の大切な機密情報や個人情報が漏えいしてしまうと、社会からの信頼を失ってしまうため、mdmでのスマートフォンのセキュリティ対策は一番強化しておきたいポイントと言えるでしょう。