Archive for 6月, 2018

VPPでappleID不要でアプリ配布が可能

author Posted by: admin on date 6月 28th, 2018 | filed Filed under: 未分類

企業や教育機関でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する場合、従業員や生徒の人数分のモバイルデバイス端末の初期設定をしなければならず非常に面倒な作業になってしまいます。
そこで台数分のappleID取得作業が簡単になるVPPをうまく活用してみましょう。
VPPを利用することでスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末単位でアプリケーションを配布することができます。
企業や学校などでモバイルデバイス端末をまとめて導入、配布した時に、appleIDをどうするのかは、管理者側としては大きな問題になります。
このappleIDとはiPhoneやiPadなどのiOSデバイスでアプリをダウンロードする時に必ず必要となってくる存在です。
このappleIDは最大でも10台のデバイス端末までしか関連付けできないという制約があるのですが、VPPを利用すればappleID不要のアプリ配布が可能になるのです。

ビジネス環境を良くするために欠かせないmdm導入

author Posted by: admin on date 6月 17th, 2018 | filed Filed under: 未分類

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を管理する技術ツールの1つがmdmです。
この管理ツールであるmdmソリューションを導入する企業は増えており、大量のスマートフォンやタブレットを円滑に管理するためには欠かせません。
スピーディーなビジネス環境において、エンドユーザーのモバイルデバイス端末の利用は欠かせません。
スマートフォンやタブレット端末は場所を問わずに業務をすることができる柔軟性をもたらしてくれるので、業務効率アップにつながります。
しかし利便性の優れたモバイルデバイス端末はデータセキュリティやプライバシーのリスクに対しては大きな懸念材料が残ります。
そこでその懸念を解決するためにmdmを導入するのです。mdm製品の助けを借りることで、IT部門では企業のデータを保護することがでいますし、悪意のあるアクセスなどの危険からモバイルデバイス端末を保護することができるようになります。

モバイルデバイス端末管理は必須

author Posted by: admin on date 6月 7th, 2018 | filed Filed under: 未分類

モバイル端末管理ツールとして知られているmdmは、企業や教育機関などで大量のモバイルデバイス端末を導入する上で欠かせない管理ツールになっています。
スマートフォンやタブレットなどモバイルデバイス端末の発展によって、従業員が私物のモバイルデバイスや、会社支給のモバイルデバイス端末を業務で使用することが増えています。それに伴い企業側としては様々な対応が必要であり、社員が個別に管理しているモバイルデバイス端末を一括で管理するmdm=モバイルデバイス端末管理ツールが重要になってきます。モバイルデバイス端末に対してセキュリティを強化するシステムは欠かせないでしょう。
取り扱う情報量が膨大となった今、企業ではモバイルデバイス端末の利用やモバイルデバイス端末管理ツールであるmdmは必須となっています。
モバイルデバイス端末管理ツールであるmdmの機能は様々です。主な機能として組織の海藻に応じてモバイルデバイス端末の管理が可能になっています。
組織構造に対応して、部署などのグループ単位でモバイルデバイス端末を管理できます。