世界的にも事例が増えているBYODとは?

author Posted by: admin on date 4月 8th, 2018 | filed Filed under: 未分類

アメリカやヨーロッパ諸国、アジア圏など世界的にみるとbyodを導入している企業は非常に多いです。日本企業においてもbyod導入事例はここ数年で急激に増加してきています。Byodとは個人のスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末を業務に利用することを言います。従業員は企業から支給されるスマホやタブレットなどのスマートデバイス端末だと、普段使用している自分のスマートデバイス端末と操作の仕方が違うので、使いづらいと感じることが多々あります。一方byodであれば慣れ親しんだ自分のスマートデバイス端末を使用することができるのでより一層業務の効率化を図ることができるのです。企業によってはコスト削減につながるというメリットもあり、今後さらにbyodを導入する企業事例は増えてくるでしょう。Byod導入にあたっては、利用者の利便性を確保しながら、企業にダメージを加えないような管理をしっかりと行う必要があります。そこで必要となってくるのがmdmの存在なのです。国内のBYOD(Bring Your Own Device)の状況 – MDM Blog

     Add A Comment

trackback Trackback URI | rsscomment Comments RSS