Archive for 4月, 2018

法人・教育機関向けアプリ配信プログラムVPPとは?

author Posted by: admin on date 4月 19th, 2018 | filed Filed under: 未分類

pple社が提供するVPPは法人機関、教育機関がアプリケーションの購入、配布するためのビジネス向けプログラムになります。
VPPは学校や企業で導入したiOSやMacのデバイス利用が増える中で、業務で必要なアプリケーションを利用する機会も増え、アプリの導入によって効率化する目的でapple社より提供されたプログラムになります。
VPPはappleストアのアプリを一括で購入することによって、ユーザーのモバイルデバイス端末に直接配布します。直接アプリを配布してしまうことで、企業や学校のユーザーが業務で使用するアプリを簡単に使えるようになるのです。またユーザーが退職したり、卒業したりした場合には、所有権をいったん管理者の元に回収します。
回収して別のユーザーが再び利用できるように、設定しなおすことでそのアプリケーションの所有者は簡単に移し替えることができるのです。
VPPを利用すれば、費用のコストカット、作業の軽減化につながります。VPPとは?法人・教育機関向けアプリ配信プログラム

世界的にも事例が増えているBYODとは?

author Posted by: admin on date 4月 8th, 2018 | filed Filed under: 未分類

アメリカやヨーロッパ諸国、アジア圏など世界的にみるとbyodを導入している企業は非常に多いです。日本企業においてもbyod導入事例はここ数年で急激に増加してきています。Byodとは個人のスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末を業務に利用することを言います。従業員は企業から支給されるスマホやタブレットなどのスマートデバイス端末だと、普段使用している自分のスマートデバイス端末と操作の仕方が違うので、使いづらいと感じることが多々あります。一方byodであれば慣れ親しんだ自分のスマートデバイス端末を使用することができるのでより一層業務の効率化を図ることができるのです。企業によってはコスト削減につながるというメリットもあり、今後さらにbyodを導入する企業事例は増えてくるでしょう。Byod導入にあたっては、利用者の利便性を確保しながら、企業にダメージを加えないような管理をしっかりと行う必要があります。そこで必要となってくるのがmdmの存在なのです。国内のBYOD(Bring Your Own Device)の状況 – MDM Blog