情報共有できることが重要

author Posted by: admin on date 9月 11th, 2017 | filed Filed under: 未分類

よく営業マンの世界では属人化が当たり前、と言われてきましたよね。全ての顧客の情報や営業情報はそれぞれの営業マンが持っているため、もし一人の営業マンが退職したり出張に出かけた場合、担当している企業と連絡は出来ても商談を進めることはほぼ不可能になっていました。

これは企業としてはいかがなものでしょう・・。担当されている側の企業にしてみれば、なぜ情報共有できていないの?一人の担当者しか商談内容を把握できていないの?と不思議に思いますし迷惑な話でもあります。しかしこれが日本の営業の姿だったのかもしれません。

しかしそれではいけない、属人化された営業から誰もが情報を共有でき、いつでも引き継ぎが可能になること、商談も中断せずに相手企業にも迷惑をかけないで済む方法、これが必要とされるようになったんですね。

SFAという営業支援ツールはこのような属人化された営業を打破することが可能です。全てが見える化されることで情報は共有でき、これまで出来なかったことが非常にスムーズに実行できるようになるんです。

     Add A Comment

trackback Trackback URI | rsscomment Comments RSS