資産管理

author Posted by: admin on date 8月 4th, 2017 | filed Filed under: 未分類

言うまでもなく社用の端末となればそれは社の財産でであり管理すべき資産となる。その管理においてMDMは有効な管理ツールであると同時にセーフティーラインの役割も果たす。使用する端末が多ければ多いほど、また複数の部所で異なる用途で使用するなど、用途が多岐に渡るほど、その恩恵は大きくなる。専用のアプリを導入するにしても、ライセンス契約は台数毎という事にもなる。当然、何台分必要なのかを「正確に」把握する必要もあるだろう。そもそも決して安い買い物でもない。どこかで無駄が出ているという状況は紛失にも近い損失となる。それらの端末が正常に活用されているかどうかも、資産運用という意味では管理者が把握しておくべき内容であり、余剰の端末に月額を払うなどいう事が無いように務めなければならない。加えて、数百大規模での運用となると・・・無くす。月に数台は紛失事故が起こりうる。なんでだよ!と思うかもしれないが、無くなってしまう。MDMで紛失時の備えというよりは、事後処理として無くなった端末も「管理」しなければならない。トライアル可能なMDM modem

     Add A Comment

trackback Trackback URI | rsscomment Comments RSS