屋内用端末

author Posted by: admin on date 7月 17th, 2017 | filed Filed under: 未分類

MDMにおいて管理下に置かれるのはMDMのMDの部分、モバイルデバイスであり、携帯し持ち歩く事が前提になっている。スマホ自体が携帯電話の進化版という捉え方ができるように、その携帯性が売りの一つでもある。一方で基本的な機能としてスマホはWi-Fi環境下での通信が可能な機器でもある。つまりはキャリアの契約無しでもWi-Fi環境下であれば一部の機能に制限がかかるものの、ネットワーク機能を用いる事は可能である。用途を限定する事で社内から持ち出すことのない端末はキャリア契約不要という事にもなる。もちろんそれらの端末もMDMの管理下で動作する。型落ちのタブレットなどは比較的安価に購入できるし、キャリア契約がなければ当然月々の使用料金も電気代だけだ。会議で使用する資料などを屋内用端末に一括配信し活用することで「紙」の浪費もかなり削減できる。またMDMの機能の中には特定のエリア外での使用を抑制する機能を持つ物も多い。旧式と言えど基本的には高性能な機器である。MDMサービスの付加的部分を上手く活用できれば旧式の端末にもまだまだ活躍の場は残されている。MDMの基本機能

     Add A Comment

trackback Trackback URI | rsscomment Comments RSS