Archive for 6月, 2017

個人情報の取り扱い

author Posted by: admin on date 6月 29th, 2017 | filed Filed under: 未分類

得るのは難しく、失うのは一瞬。それは信頼。会社で取り扱う顧客の個人情報は信頼を長い時間をかけ、少しずつ積み上げてきた会社の財産とも呼べる物であろう。一昔前であれば学校の卒業アルバムなどは個人情報の宝庫として珍重され、活発に売買もされていたが、近年はアルバムにそういった個人情報を載せないのが基本となっている。プライバシーの保護という面からも、昨今では一般層においても個人情報の取り扱いに関しては鋭い視線が注がれている。どこから漏れたのかを追跡する目的で生年月日をズラしながら様々な場所に個人情報をばらまき、あわよくばマスコミに伏せるという名目で示談金を得ようとする者もいる。それほどまでに個人情報の流出という事態は深刻なダメージを会社に与えうる。信頼は失われ、以後の業務にも支障をきたし、株価にも影響を与えるだろう。業務において非常に便利なツールである携帯端末一つの紛失が取り返しの付かない事態に発展する可能性はゼロではない。社で扱う社の備品である以上、社で適切に管理するのは必然とも言える部分で、mdmの導入なしにこれらを扱うのは、任意保険に入らず車を転がしている状況に似る。事故ってからでは遅い。MDMとは – 管理って?

営業支援に特化したmdm

author Posted by: admin on date 6月 19th, 2017 | filed Filed under: 未分類

みなさまこんにちは.
最近営業支援に特化したmdmが出てきました。これってどんなものなんでしょうか。
私が、営業支援でmdmが提供している機能をまとめてみます。
1. 位置情報取得
営業って基本は外回りですよね。そのため業務内容が不透明です。実際、スーツ着た人がカフェずっといたり、パチンコ屋入って行ったり本当に何してるか管理できていない現状があります。結果を出している人ならいいけど、出していない人がそういうことしているならちゃんと監視すべきです。
2. 連絡帳配布
営業は連絡先情報が一番重要です。それらのデータを活用して、営業先への訪問や連絡を取っていきます。
営業支援に特化したmdmなら連絡先を送る機能を必ず持っているでしょう。そうして連絡先の抜け漏れをなくすことができます。
3. スケジュールの把握
使用しているカレンダーと同期することによって、スケジュールを把握できるようになります。
最初にも言いましたが、営業はスケジュールや行動が見えにくいです。そこで、彼らの動きを把握できるようにスケジュールをmdmを通して把握することができます。MDM modem

MDMのモバイルデバイス活用セキュリティ術

author Posted by: admin on date 6月 10th, 2017 | filed Filed under: 未分類

企業がモバイルデバイスを会社の業務に利用し始めて、早5、6年が経ちますね。その勢いは増していてほとんどの企業でmdmを導入しているのではないでしょうか?ではmdm導入を行なって働き方がどう変わったのか見て行きたいと思います。
モバイルデバイスが流行る前は、基本的にはガラケーです。みなさん忘れたかもしれませんが、メールだったりのコミュニケーションがやりにくかったでしょう。基本的には電話をするためのツールでしたね。
では、モバイルデバイス登場後ですが仕事をするにも会社内でなくて外で行えます。というのもMDMを使ってセキュリティの準備がしっかりできているからです。もちろん、スマートフォンが外でも不自由なく使えるほど便利だったということも確かです。そういった背景からmdmとスマートフォンの導入がますます加速しています。
よくニュースで情報漏洩なんて言いますけどこれよりかっこ悪いブランド認知のされかたはないですね。
Mdm導入してセキュリティ対策をしましょう。mdm

SFAでできること

author Posted by: admin on date 6月 2nd, 2017 | filed Filed under: 未分類

SFAを導入したら売り上げが少しずつ伸びてきた!ライバルの会社がSFAを導入したと噂が!など、最近営業支援ツールとして日本でも注目されているのがSFAですよね。

そもそも、SFAでできることってどのようなことなのでしょうか。まずは営業マンが行う毎日の営業のプロセス、そして商談を行っている現在の状況をリアルタイムで管理できる、これが一番の特長と言えるでしょう。営業マンは自分で自分の営業をこれまでは管理し、その情報は忠実に会社に報告されてはいなかったんですね。それでも営業マンは良かったんです。

しかし、時代の変化とともに情報の収集、そして透明化が当たり前になっていくにつれ、これまでの営業手法は支持されなくなってきたんです。営業マン個人が情報を溜めこむのではなくて、会社全体で情報を共有して透明化する。これによって情報の分析、マーケティングがより精度を上げ、次への営業に活かすことができるようになるんですね。

sfa システムに関する申込みはこちら