SNSだとうまくいくケースも

author Posted by: admin on date 5月 26th, 2017 | filed Filed under: 未分類

私自身がSFAというシステムを活用したことがないので、営業日報についてもいまひとつ実感が無いのですが、その入力というのは結構なハードルがあるらしいんです。

考えてみればそうですよね。案件ごとに入力するわけですが、その内容は全て共有化、透明化されるので、部署内全員、そして上司にもそれは見られています。見られている・・という言い方は可笑しいですね^^いつでもどこでも確認できるシステムになっています!と言う方が正解でしょうか。

その共有化、透明化、そして上司の確認、これらがネックとなり、営業マンの頭を悩ませているのかもしれません。そしてそのような声が多く聞かれるために、SNSの活用というものが注目されているんだそうです。SFAの営業日報のハードルの高さをSNSで低くカジュアルなものに移行させる。そうすることで、若い営業マンなどはLINEなどと同じような感覚で活用することができるんだそうです。

ただ・・50代以上の上司が相手だと・・上司の方に今度高いハードルが課せられるような気がしますね^^

     Add A Comment

trackback Trackback URI | rsscomment Comments RSS