カスタマイズが容易であること

author Posted by: admin on date 3月 6th, 2017 | filed Filed under: 未分類

SFAを長く運用していくためには、カスタマイズや機能の追加ができること、これが条件に挙げられます。大企業ではSFAの知識が豊富だったり、実際に運用経験のある社員もいるかもしれません。しかし中小企業であればそれは厳しいでしょう。そのため、日本で利用されているSFAではカスタマイズが容易で機能の追加もITに詳しくない社員でも可能、というシステムが好評となっているんです。

SFAが営業成果に大きな影響をもたらすことは分かっていても、その導入費用や運用のための知識のことを考慮すると、二の足を踏んでしまいますよね。でも、それらが簡単に解決できるようなシステムであれば、導入もしやすいはず。

今はそのようなSFAもたくさんサービスされているんですね。自社に合った機能だけを導入し、しかも入力を担当する社員が作業しやすいようにカスタマイズも容易にできる。これによってSFAの効果とともに、業務の効率もアップし、営業プロセスの共有化によって営業スキルも全体に均一化されるというメリットも生まれるようです。

     Add A Comment

trackback Trackback URI | rsscomment Comments RSS