売り上げUPにつながるSFA活用方法

author Posted by: admin on date 1月 7th, 2017 | filed Filed under: 未分類

顧客のニーズや市場の動き、他社の動向などといった情報は企業にとって有益な情報資産となるものですが、大抵そういった情報は営業担当者が個々に管理している場合が多いもの。これでは企業として情報を有効活用しているとは言えませんよね。そこでそういった課題を解決するためにSFA(営業支援システム)を導入する企業が増えているそう。SFAは全社的に情報を共有し、有効活用を促すことが可能なのです。情報が共有化されることでマネージャーや他部門から的確なアドバイスをもらうことができ、タイミングを逃さずスピーディな判断を下すことができるでしょう。この他にも情報の共有化は、「営業プロセスの標準化」や「営業担当者の異動・離職の際の情報損失リスクを軽減する」といった効果もあるという。また多数の営業担当者の営業プロセスをタイムリーに可視化することになるため、より正確なデータを収集できます。このデータを基にして、商機を逃さないための戦略立案や販売予測などを立てることができるというわけ。標準化された営業プロセスを新人教育に活用することもできますよ。以上のことからも、SFAを導入する企業が増えている理由が分かりますね。knowledgesuite.jp

     Add A Comment

trackback Trackback URI | rsscomment Comments RSS