NEW: 端末ストレス

author Posted by: admin on date 8月 14th, 2017 | filed Filed under: 未分類

MDMの話題となるとBYODの話題も避けて通れない。いわゆる「私物端末」の業務利用だ。一昔前であれば業務用の端末であれば会社が用意し、従業員に持たせるのが一般的であり、それで何の問題もなかったのだが、スマホの性能は短期間でも著しく向上する。場合によっては私物の端末の方が遥かに高性能であり、型落ちの低スペック端末で業務を強要される事にストレスを感じる者も出るだろう。特に若者の一部では最新の端末を持つ事がある種のステイタスでもあり、生産性を高めるという側面よりも、使い慣れた自分の端末を使った方が、楽だし早いという合理的な解釈から、未承認の端末が業務利用されてしまうというケースも少なからず存在し、シャードーITとも呼ばれ管理者を悩ませるセキュリティーホールの一つとなっている。このBYODに対しては中立的な立場で考えるというのは難しい。認めるなら認めるでキチンと対応すべき問題であるし、認めないなら認めないで、デジタル証明書の発行など、許可された端末以外での業務を不可能にするなどの選択が求められる。どちらにせよ「黙認」という選択肢は無い物と考えよう。http://ascentnet.co.jp/mdm-modem/

資産管理

author Posted by: admin on date 8月 4th, 2017 | filed Filed under: 未分類

言うまでもなく社用の端末となればそれは社の財産でであり管理すべき資産となる。その管理においてMDMは有効な管理ツールであると同時にセーフティーラインの役割も果たす。使用する端末が多ければ多いほど、また複数の部所で異なる用途で使用するなど、用途が多岐に渡るほど、その恩恵は大きくなる。専用のアプリを導入するにしても、ライセンス契約は台数毎という事にもなる。当然、何台分必要なのかを「正確に」把握する必要もあるだろう。そもそも決して安い買い物でもない。どこかで無駄が出ているという状況は紛失にも近い損失となる。それらの端末が正常に活用されているかどうかも、資産運用という意味では管理者が把握しておくべき内容であり、余剰の端末に月額を払うなどいう事が無いように務めなければならない。加えて、数百大規模での運用となると・・・無くす。月に数台は紛失事故が起こりうる。なんでだよ!と思うかもしれないが、無くなってしまう。MDMで紛失時の備えというよりは、事後処理として無くなった端末も「管理」しなければならない。トライアル可能なMDM modem

mdm管理によるアクセスコントロールの細分化

author Posted by: admin on date 7月 27th, 2017 | filed Filed under: 未分類

mdmをビジネス活用するとビジネスに必要な情報、コンテンツなどをすべてスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスに配信することができます。また複数のコンテンツ管理者アカウントを作れば、それぞれのアカウントにコンテンツの管理権限を委任することも可能です。コンテンツ管理者同士ではモバイルデバイスに配信された相互のコンテンツを閲覧できないようにすることもできるのでmdm管理を使ったビジネス活用ではアクセスコントロールの細分化をすることができるでしょう。
アクセスコントロールの細分化をすることによって例えば営業部から個人へ情報や人事部から個人への人事通知情報などを配信することもできますし、支社、支店などに限定した情報を配信することもできます。それぞれのコンテンツに適切な管理者を設定することで、よりビジネス活用しやすくなり、アクセスコントトールの細分化によって情報が漏洩する危険性を未然に防ぐこともできるのです。
MDMとは – 管理って?

屋内用端末

author Posted by: admin on date 7月 17th, 2017 | filed Filed under: 未分類

MDMにおいて管理下に置かれるのはMDMのMDの部分、モバイルデバイスであり、携帯し持ち歩く事が前提になっている。スマホ自体が携帯電話の進化版という捉え方ができるように、その携帯性が売りの一つでもある。一方で基本的な機能としてスマホはWi-Fi環境下での通信が可能な機器でもある。つまりはキャリアの契約無しでもWi-Fi環境下であれば一部の機能に制限がかかるものの、ネットワーク機能を用いる事は可能である。用途を限定する事で社内から持ち出すことのない端末はキャリア契約不要という事にもなる。もちろんそれらの端末もMDMの管理下で動作する。型落ちのタブレットなどは比較的安価に購入できるし、キャリア契約がなければ当然月々の使用料金も電気代だけだ。会議で使用する資料などを屋内用端末に一括配信し活用することで「紙」の浪費もかなり削減できる。またMDMの機能の中には特定のエリア外での使用を抑制する機能を持つ物も多い。旧式と言えど基本的には高性能な機器である。MDMサービスの付加的部分を上手く活用できれば旧式の端末にもまだまだ活躍の場は残されている。MDMの基本機能

モバイルデバイスのOSとは?

author Posted by: admin on date 7月 8th, 2017 | filed Filed under: 未分類

“Mdmという言葉を聞いても結局何ができるのかよく分からない…という人は多いでしょう。企業や教育機関では近年モバイルデバイスの導入が進んでいますが、モバイルデバイスの管理に欠かせないのがmdm(モバイルデバイス管理)です。
Mdmと聞くと大半の人はiPadなどのタブレットやスマホなどを管理するシステムというイメージを抱かれている方が多いでしょう。モバイルデバイスはAppleのiOS、GoogleのAndroidOS、MicrosoftのWindowsOSの3つのOSが採用されています。
AppleのiOSが搭載されているのはiPadやiPhoneなどで同じiOSのバージョンにしておけば基本的には管理機能は同じものを使用できます。一方GoogleのAndroidが搭載されているデバイスにおいては端末のメーカーが本体を開発しているため、同じOSを搭載していてもメーカーごとに仕様が異なっています。そのためAndroidOSがサポートしているmdmの管理機能だけではなく、端末を開発したメーカー独自の管理機能も用意されているのです。
mdmに関してはこちら

個人情報の取り扱い

author Posted by: admin on date 6月 29th, 2017 | filed Filed under: 未分類

得るのは難しく、失うのは一瞬。それは信頼。会社で取り扱う顧客の個人情報は信頼を長い時間をかけ、少しずつ積み上げてきた会社の財産とも呼べる物であろう。一昔前であれば学校の卒業アルバムなどは個人情報の宝庫として珍重され、活発に売買もされていたが、近年はアルバムにそういった個人情報を載せないのが基本となっている。プライバシーの保護という面からも、昨今では一般層においても個人情報の取り扱いに関しては鋭い視線が注がれている。どこから漏れたのかを追跡する目的で生年月日をズラしながら様々な場所に個人情報をばらまき、あわよくばマスコミに伏せるという名目で示談金を得ようとする者もいる。それほどまでに個人情報の流出という事態は深刻なダメージを会社に与えうる。信頼は失われ、以後の業務にも支障をきたし、株価にも影響を与えるだろう。業務において非常に便利なツールである携帯端末一つの紛失が取り返しの付かない事態に発展する可能性はゼロではない。社で扱う社の備品である以上、社で適切に管理するのは必然とも言える部分で、mdmの導入なしにこれらを扱うのは、任意保険に入らず車を転がしている状況に似る。事故ってからでは遅い。MDMとは – 管理って?

営業支援に特化したmdm

author Posted by: admin on date 6月 19th, 2017 | filed Filed under: 未分類

みなさまこんにちは.
最近営業支援に特化したmdmが出てきました。これってどんなものなんでしょうか。
私が、営業支援でmdmが提供している機能をまとめてみます。
1. 位置情報取得
営業って基本は外回りですよね。そのため業務内容が不透明です。実際、スーツ着た人がカフェずっといたり、パチンコ屋入って行ったり本当に何してるか管理できていない現状があります。結果を出している人ならいいけど、出していない人がそういうことしているならちゃんと監視すべきです。
2. 連絡帳配布
営業は連絡先情報が一番重要です。それらのデータを活用して、営業先への訪問や連絡を取っていきます。
営業支援に特化したmdmなら連絡先を送る機能を必ず持っているでしょう。そうして連絡先の抜け漏れをなくすことができます。
3. スケジュールの把握
使用しているカレンダーと同期することによって、スケジュールを把握できるようになります。
最初にも言いましたが、営業はスケジュールや行動が見えにくいです。そこで、彼らの動きを把握できるようにスケジュールをmdmを通して把握することができます。MDM modem

MDMのモバイルデバイス活用セキュリティ術

author Posted by: admin on date 6月 10th, 2017 | filed Filed under: 未分類

企業がモバイルデバイスを会社の業務に利用し始めて、早5、6年が経ちますね。その勢いは増していてほとんどの企業でmdmを導入しているのではないでしょうか?ではmdm導入を行なって働き方がどう変わったのか見て行きたいと思います。
モバイルデバイスが流行る前は、基本的にはガラケーです。みなさん忘れたかもしれませんが、メールだったりのコミュニケーションがやりにくかったでしょう。基本的には電話をするためのツールでしたね。
では、モバイルデバイス登場後ですが仕事をするにも会社内でなくて外で行えます。というのもMDMを使ってセキュリティの準備がしっかりできているからです。もちろん、スマートフォンが外でも不自由なく使えるほど便利だったということも確かです。そういった背景からmdmとスマートフォンの導入がますます加速しています。
よくニュースで情報漏洩なんて言いますけどこれよりかっこ悪いブランド認知のされかたはないですね。
Mdm導入してセキュリティ対策をしましょう。mdm

SFAでできること

author Posted by: admin on date 6月 2nd, 2017 | filed Filed under: 未分類

SFAを導入したら売り上げが少しずつ伸びてきた!ライバルの会社がSFAを導入したと噂が!など、最近営業支援ツールとして日本でも注目されているのがSFAですよね。

そもそも、SFAでできることってどのようなことなのでしょうか。まずは営業マンが行う毎日の営業のプロセス、そして商談を行っている現在の状況をリアルタイムで管理できる、これが一番の特長と言えるでしょう。営業マンは自分で自分の営業をこれまでは管理し、その情報は忠実に会社に報告されてはいなかったんですね。それでも営業マンは良かったんです。

しかし、時代の変化とともに情報の収集、そして透明化が当たり前になっていくにつれ、これまでの営業手法は支持されなくなってきたんです。営業マン個人が情報を溜めこむのではなくて、会社全体で情報を共有して透明化する。これによって情報の分析、マーケティングがより精度を上げ、次への営業に活かすことができるようになるんですね。

sfa システムに関する申込みはこちら

SNSだとうまくいくケースも

author Posted by: admin on date 5月 26th, 2017 | filed Filed under: 未分類

私自身がSFAというシステムを活用したことがないので、営業日報についてもいまひとつ実感が無いのですが、その入力というのは結構なハードルがあるらしいんです。

考えてみればそうですよね。案件ごとに入力するわけですが、その内容は全て共有化、透明化されるので、部署内全員、そして上司にもそれは見られています。見られている・・という言い方は可笑しいですね^^いつでもどこでも確認できるシステムになっています!と言う方が正解でしょうか。

その共有化、透明化、そして上司の確認、これらがネックとなり、営業マンの頭を悩ませているのかもしれません。そしてそのような声が多く聞かれるために、SNSの活用というものが注目されているんだそうです。SFAの営業日報のハードルの高さをSNSで低くカジュアルなものに移行させる。そうすることで、若い営業マンなどはLINEなどと同じような感覚で活用することができるんだそうです。

ただ・・50代以上の上司が相手だと・・上司の方に今度高いハードルが課せられるような気がしますね^^