NEW: mdm導入事例からわかるmdmの違い

author Posted by: admin on date 7月 19th, 2018 | filed Filed under: 未分類

日本でもスマートフォンやタブレットの普及に伴い、業務においても便利なスマートフォンやタブレットを導入する企業が増えてきています。mdm市場を見ていても日本国内だけでもmdm市場は伸び続けており、導入事例も増えています。
mdmと一言でいってもmdm製品によってそれぞれの機能や特徴、操作方法、利用料金などは異なります。導入事例をチェックしつつ、企業として求めているmdmなのかを見極めて選別する必要があるでしょう。
mdmを導入する場合、導入事例が豊富である製品を選んだ方が安心感はあります。特に大規模運用ユーザーを中心に多種多様な企業、教育機関、医療機関などで採用されているmdmであれば、セキュリティもしっかりしており、トラブルが起きた時にも早急に対してくれます。
自分の企業に求める機能を明確にしながら、mdm導入事例をチェックしてみるとよいでしょう。
国内専用のmdmもあれば、海外に向けて発信しているmdmもあります。

スマートフォンのセキュリティ対策にはmdmが欠かせない

author Posted by: admin on date 7月 8th, 2018 | filed Filed under: 未分類

スマートフォンの業務利用が急増している現在、セキュリティ対策が必須と言われています。
現在企業や教育現場ではスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の導入が進んでいます。モバイルデバイス端末は持ち運びが便利で機能も高性能なため、社外でもインターネットに接続でき、場所を問わずいつでもどこでも業務を行うことができ非常に便利です。
しかしモバイルデバイス端末の利用が進めば進むほど、モバイルデバイス端末内の情報漏洩やセキュリティのリスクが増加してしまうと懸念されています。
万が一に備えたセキュリティ対策として欠かせないのが、mdmです。mdmはモバイルデバイス端末管理ツールのことであり、このmdmを導入することによってスマートフォンのセキュリティ対策を行うことができるのです。
企業の大切な機密情報や個人情報が漏えいしてしまうと、社会からの信頼を失ってしまうため、mdmでのスマートフォンのセキュリティ対策は一番強化しておきたいポイントと言えるでしょう。

VPPでappleID不要でアプリ配布が可能

author Posted by: admin on date 6月 28th, 2018 | filed Filed under: 未分類

企業や教育機関でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する場合、従業員や生徒の人数分のモバイルデバイス端末の初期設定をしなければならず非常に面倒な作業になってしまいます。
そこで台数分のappleID取得作業が簡単になるVPPをうまく活用してみましょう。
VPPを利用することでスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末単位でアプリケーションを配布することができます。
企業や学校などでモバイルデバイス端末をまとめて導入、配布した時に、appleIDをどうするのかは、管理者側としては大きな問題になります。
このappleIDとはiPhoneやiPadなどのiOSデバイスでアプリをダウンロードする時に必ず必要となってくる存在です。
このappleIDは最大でも10台のデバイス端末までしか関連付けできないという制約があるのですが、VPPを利用すればappleID不要のアプリ配布が可能になるのです。

ビジネス環境を良くするために欠かせないmdm導入

author Posted by: admin on date 6月 17th, 2018 | filed Filed under: 未分類

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を管理する技術ツールの1つがmdmです。
この管理ツールであるmdmソリューションを導入する企業は増えており、大量のスマートフォンやタブレットを円滑に管理するためには欠かせません。
スピーディーなビジネス環境において、エンドユーザーのモバイルデバイス端末の利用は欠かせません。
スマートフォンやタブレット端末は場所を問わずに業務をすることができる柔軟性をもたらしてくれるので、業務効率アップにつながります。
しかし利便性の優れたモバイルデバイス端末はデータセキュリティやプライバシーのリスクに対しては大きな懸念材料が残ります。
そこでその懸念を解決するためにmdmを導入するのです。mdm製品の助けを借りることで、IT部門では企業のデータを保護することがでいますし、悪意のあるアクセスなどの危険からモバイルデバイス端末を保護することができるようになります。

モバイルデバイス端末管理は必須

author Posted by: admin on date 6月 7th, 2018 | filed Filed under: 未分類

モバイル端末管理ツールとして知られているmdmは、企業や教育機関などで大量のモバイルデバイス端末を導入する上で欠かせない管理ツールになっています。
スマートフォンやタブレットなどモバイルデバイス端末の発展によって、従業員が私物のモバイルデバイスや、会社支給のモバイルデバイス端末を業務で使用することが増えています。それに伴い企業側としては様々な対応が必要であり、社員が個別に管理しているモバイルデバイス端末を一括で管理するmdm=モバイルデバイス端末管理ツールが重要になってきます。モバイルデバイス端末に対してセキュリティを強化するシステムは欠かせないでしょう。
取り扱う情報量が膨大となった今、企業ではモバイルデバイス端末の利用やモバイルデバイス端末管理ツールであるmdmは必須となっています。
モバイルデバイス端末管理ツールであるmdmの機能は様々です。主な機能として組織の海藻に応じてモバイルデバイス端末の管理が可能になっています。
組織構造に対応して、部署などのグループ単位でモバイルデバイス端末を管理できます。

byod禁止事例の企業で起こる懸念

author Posted by: admin on date 5月 27th, 2018 | filed Filed under: 未分類

メリットの反面、デメリットも多いbyodは、導入事例が増える半面、導入を慎重に検討する企業が多いのも事実です。
大手企業においてもmdm導入事例は増えてきていますが、byodの禁止、黙認のリスクも存在します。
byod禁止を明言している企業もありますが、逆にbyodを黙認している企業もあります。
byod禁止の企業では、byodの禁止を明文化している場合、支給するモバイルデバイス端末の性能が低いもの出会ったり、社内情報システムが不便なままだと、個人所有のモバイルデバイス端末を仕事に利用しようとする人は増えていきます。
そうすると、byod対策をきちんととれてない企業の場合、セキュリティ面が弱く、すぐに悪意のある第三者によってセキュリティを破られ、情報を盗まれてしまうことがあるのです。
byodを禁止ている企業でも黙認している企業においても、byodに対する対策はしっかりと強化しなければいけないのです。

mdmの必要性

author Posted by: admin on date 5月 17th, 2018 | filed Filed under: 未分類

mdmはスマートフォンやタブレット端末を導入する上で欠かせない管理ツールです。
特に企業や教育現場などで大量のモバイルデバイス端末を導入する時には、それらのモバイルデバイス端末を全て一括して管理する必要があります。その管理がきちんと行われていない場合、セキュリティリスクが高まり、企業の機密情報や生徒たちの個人情報などが第三者の手に流れてしまう可能性もあるのです。
大量のモバイルデバイス端末を一元管理できる管理システムツールこそがmdmなのです。
mdmはセキュリティ管理を高まる他、デバイスの活用を促進可能です。
マルチOSやマルチデバイスに対応しているmdmであれば、どんな機種、どんな端末であっても一括しての管理が可能です。安心、安全、効率的なタブレット運用に欠かせないツールこそがmdmなのです。
mdmはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する時に、一緒に導入するケースが多く、mdmとモバイルデバイス端末導入はセットで考えられているという現状があります。

教育現場でmdm管理は一般的になっている。その事例とは?

author Posted by: admin on date 4月 30th, 2018 | filed Filed under: 未分類

スマートフォンやタブレットの普及によって私達がモバイルデバイス端末に触れ合う機会は増えています。特に教育現場においてはモバイルデバイス端末導入事例が増えています。公立の小中学校でもモバイルデバイス端末を導入する教育機関は多く、大量のモバイルデバイス端末管理の課題が浮き彫りになってきています。
全生徒にタブレットなどを導入するとなると1000台以上のモバイルデバイス端末を一括して管理しなければならない教育現場も多いです。
そこでmdmツールを用いて一元管理が必要となってきます。Mdmソリューションでは、様々な機種のマルチデバイスに対応した管理ツールであり、一括した初期設定やアプリの配信などを行います。
Mdmソリューションを用いた教育現場では、教育の可能性が拡大し、校務効率化にもつながるモバイル端末環境を実現しています。
また多用なモバイルデバイス端末の管理が可能になり、生徒が自由に端末利用ができるようになっています。http://www.ascentnet.co.jp/mdm-modem/apple-dep対応mdmについて/

法人・教育機関向けアプリ配信プログラムVPPとは?

author Posted by: admin on date 4月 19th, 2018 | filed Filed under: 未分類

pple社が提供するVPPは法人機関、教育機関がアプリケーションの購入、配布するためのビジネス向けプログラムになります。
VPPは学校や企業で導入したiOSやMacのデバイス利用が増える中で、業務で必要なアプリケーションを利用する機会も増え、アプリの導入によって効率化する目的でapple社より提供されたプログラムになります。
VPPはappleストアのアプリを一括で購入することによって、ユーザーのモバイルデバイス端末に直接配布します。直接アプリを配布してしまうことで、企業や学校のユーザーが業務で使用するアプリを簡単に使えるようになるのです。またユーザーが退職したり、卒業したりした場合には、所有権をいったん管理者の元に回収します。
回収して別のユーザーが再び利用できるように、設定しなおすことでそのアプリケーションの所有者は簡単に移し替えることができるのです。
VPPを利用すれば、費用のコストカット、作業の軽減化につながります。VPPとは?法人・教育機関向けアプリ配信プログラム

世界的にも事例が増えているBYODとは?

author Posted by: admin on date 4月 8th, 2018 | filed Filed under: 未分類

アメリカやヨーロッパ諸国、アジア圏など世界的にみるとbyodを導入している企業は非常に多いです。日本企業においてもbyod導入事例はここ数年で急激に増加してきています。Byodとは個人のスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末を業務に利用することを言います。従業員は企業から支給されるスマホやタブレットなどのスマートデバイス端末だと、普段使用している自分のスマートデバイス端末と操作の仕方が違うので、使いづらいと感じることが多々あります。一方byodであれば慣れ親しんだ自分のスマートデバイス端末を使用することができるのでより一層業務の効率化を図ることができるのです。企業によってはコスト削減につながるというメリットもあり、今後さらにbyodを導入する企業事例は増えてくるでしょう。Byod導入にあたっては、利用者の利便性を確保しながら、企業にダメージを加えないような管理をしっかりと行う必要があります。そこで必要となってくるのがmdmの存在なのです。国内のBYOD(Bring Your Own Device)の状況 – MDM Blog