NEW: mdmソリューションの運用ポリシーに合った環境構築

author Posted by: admin on date 4月 28th, 2019 | filed Filed under: 未分類

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を一括して管理するためのツールであるmdmはmobile devive manafgementの略であり、多くの企業で導入されているソリューションになります。mdmソリューションは運用ポリシーにあったモバイル環境の構築が可能になっています。企業で取り扱うお客さんなど消費者の個人情報や情報コンテンツをしっかりと守って外部に流出しないように防ぎます。またスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の情報設定や管理などの運用コストを大きく削減することもできます。
情報コンテンツや個人情報を守るセキュリティ管理の他、運用コスト削減に寄与する端末管理、大量のモバイルデバイス端末の環境設定を一括で簡単に効率よく実施できる環境設定管理などもmdmソリューションで行えるのです。モバイルデバイス端末を導入する時にはセキュリティの問題や一括管理の煩雑さ、初期設定の作業などがネックとなるケースも多いです。
mdmソリューションを賢く利用することでモバイルデバイス端末の管理がスムーズに行えますよ。

androidなどモバイルデバイス端末管理導入にあたって必要な検討事項とは?

author Posted by: admin on date 4月 8th, 2019 | filed Filed under: 未分類

androidやiOSなどのマルチキャリアのモバイルデバイス端末を管理するツールであるmdm=モバイルデバイス端末管理ツールを導入するにあたり、企業側としてはいくつかの検討が必要になります。
企業などのビジネスユーザーにとって、業務利用の効率性、利便性の向上を目的に組織的に利用するmdmソリューションへの接続利用の要求は高まっています。ただし企業内のネットワークへの接続に関しては、既存システムにおける従来のパソコンを対象としたセキュリティポリシーや権限認証によるシステム利用制限を設けていることが多いため、簡単にモバイルデバイス端末が接続できない場合も多いのです。
特に外部接続に関してはマルウェアやハッキング対策、サイバー攻撃、ウイルス感染などの対策を講じたシステムが確立されているため、モバイルデバイス端末からの接続性に制限がかかっている場合がほとんどです。そこでmdmソリューションによって制御されたセキュリティポリシーを確保できるモバイルデバイス端末環境で接続を認める仕組みを準備する必要があるのです。

byod事例からわかる現状

author Posted by: admin on date 3月 28th, 2019 | filed Filed under: 未分類

byodは私物のモバイルデバイス端末を業務で使用することをいいます。byod導入事例においては、モバイルデバイス端末自体の管理状況が不明となっている私物のモバイルデバイス端末を制限なく、社内のネットワークに接続させることは非常に危険です。またその私物モバイルデバイス端末を業務で利用すれば、社内の機密情報や個人情報などが外部に流出してしまう危険性も大きくなってしまいます。
つまりbyodを導入するにあたり、ネットワークのセキュリティ、情報セキュリティは大きな問題となるのです。byod導入と運用に当たって、社内の制度の整備、技術面での対応は必須となるでしょう。
byodを認めていない会社も少なからずあります。セキュリティ上のリスクをとることを嫌がるような保守的な企業や、環境を整備するためのリソースがない会社においては、byodを認めないという事例も少なくありません。
しかしこのようなbyodを認めていない企業においても、実は従業員が隠れてbyodを利用している可能性もあるので非常に危険です。

mdmとは何なのか?

author Posted by: admin on date 3月 18th, 2019 | filed Filed under: 未分類

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末は利便性が高く、業務効率を高めるためには欠かせないアイテムとなっています。しかしその反面、セキュリティ管理は煩雑となり、モバイルデバイス端末の運用や管理コストの上昇が懸念材料となりつつあります。モバイルデバイス端末のセキュリティ管理を高めるためにはmdmツールの導入が理想的でしょう。mdmとはmobile device managementのことであり、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を一括して管理するための管理ツールになります。プライベートでモバイルデバイス端末を使用する際には、セキュリティ管理はそれほど重要視されないことが多いのですが、業務でスマートフォンやタブレットなどを使用する場合には、顧客情報や会社の機密情報などがモバイルデバイス端末に保存されることになるので、しっかりとしたセキュリティ管理を行う必要があります。情報漏えいの危険性が高いと企業としてのリスクも高くなってしまいます。

無駄なコスト、管理を減らしてくれるVPPとは?

author Posted by: admin on date 3月 8th, 2019 | filed Filed under: 未分類

VPPは法人や教育機関が利用できるbusiness向けのプログラムであり、大量に導入されたモバイルデバイス端末のアプリケーションの購入、配布のための便利なツールになります。
VPPでアプリケーションを購入して、ユーザーへと配布したアプリケーションは、ユーザーが退職した場合や、必要ではなくなった場合に、所有者をいったん回収して別のユーザーが再利用できるように設定することもできます。
ユーザーが再利用できるように設定することでアプリケーションの所有者を簡単に差し替えることができるのです。VPPを利用すれば、ユーザーに配布してしまった有料のアプリケーションをもう1度購入するという必要もないので、無駄なコストを削減することができます。また管理者の作業負担も軽減できるので、MDMでの管理と並んで、VPPもうまく活用していくことで、よりスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を円滑に導入できるでしょう。

android端末管理によるデータ暗号化やアンチウイルス予防

author Posted by: admin on date 2月 25th, 2019 | filed Filed under: 未分類

android端末を管理できる端末管理ツール=mdmはたくさんあります。android端末のデータ暗号化と認証を強化することで、android端末内の会社の機密情報や個人情報など大切な情報をしっかりと守ることができます。
android端末の暗号化というセキュリティ設定をオンにしておけば、アカウント情報やアプリケーションのデータ、音楽や動画などのスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末内にある全てのデータを暗号化できます。
データ暗号化とパスコー度設定を強制的に行えば、万が一android端末が紛失したり、盗難にあったりした時でも、パスコー度の認証で暗号化されたモバイルデバイス端末内のデータをしっかりと守り、情報漏えいを未然に防ぐことができるのです。
またandroid端末管理向けのウイルス対策も可能です。mdmツールとアンチウイルスソフトを併用することで、ウイルス感染を予防でき、外部への情報流出の危険性を回避できるでしょう。

日本国内でも増えるbyod事例

author Posted by: admin on date 2月 15th, 2019 | filed Filed under: 未分類

社員がプライベートで使用しているスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を仕事でも使うことをbyodと言います。海外においては個人のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を利用したbyod事例が非常に多く活用されていますが、海外と比べると日本国内ではまだ浸透していない部分も多いです。
アメリカ、ドイツ、オーストラリア、韓国などではメールの送受信やスケジュール管理、ファイル閲覧、社員の連絡先の閲覧などをスマートフォンやタブレットなどの個人端末で行っている割合が多いのに対して、日本では個人端末の利用が少ない傾向にあります。しかし予算の少ない非正規雇用の現場などでは日本においてもbyod事例が多くなっており、byodが活用される場面も増えてきています。従業員にモバイルデバイス端末を支給するとなると企業側の初期投資費用の負担が大きくなってしまうので、byodを導入した方がスムーズにモバイルデバイス端末の業務活用を行うことができるでしょう。

mdmの一般的な導入目的

author Posted by: admin on date 2月 5th, 2019 | filed Filed under: 未分類

mdmを導入する目的はそれぞれの企業や組織によって異なります。
多くの企業のmdm導入の目的としては、モバイルデバイス端末新規配布時に必要な各種設定やキッティング作業、配布後の設定変更を効率よくスピーディーに行い、大量のモバイルデバイス端末を一元管理することがあります。
また企業にとって非常に大切な情報資産の漏えい、持ち出しを防ぐために、モバイルデバイス端末に機能制限を施すのも目的の1つとなります。
mdmにはいくつかの機能があり、資産管理の側面からの管理も行うことができます。スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末種類、iPhoneやandroidなどOS種類別、利用アプリケーション種別に管理をすることも可能ですし、企業のセキュリティポリシーんい基づいたモバイルデバイス端末設定を徹底させることもできます。
モバイルデバイス端末を企業のポリシーに沿って適切に使用させて、デバイスの状態、使用状況、使用者を把握することもできます。

モバイル端末管理での利用状況の把握とは?

author Posted by: admin on date 1月 23rd, 2019 | filed Filed under: 未分類

mdmツールはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を円滑に利用するために効率よく一元管理するための機能になります。
このmdmの機能は製品によって様々ですが、一般的な基本機能にはそれほど大差はありません。まず企業のモバイルデバイス端末管理者の46%が利用している機能として利用状況の把握があります。
ユーザーはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を活用するために業務で必要な情報、取引先の情報、業務で使用しているサービスへのログイン情報、社内へのアクセス情報などの、第三者に知れ渡ってはいけない多くの機密情報を保持しています。
この機密情報が外部へ流出しないように、mdmで利用状況を常に把握しておく必要があります。利用状況把握のため活用できるmdmの機能としては、ユーザーによってmdm管理買いになったモバイルデバイス端末の探知機能などがあります。またSOの脆弱性をついたroot化機能なども活用できるでしょう。

byod導入時の運用方針決定は重要

author Posted by: admin on date 1月 13th, 2019 | filed Filed under: 未分類

スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末を業務で使用する企業、組織は増えていますが、その利用方法、利用用途、運用方針などは各企業によって異なります。
会社がスマートデバイス端末を従業員に支給する方法もあれば、私物のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務でも使用するbyodを導入する企業もあります。
どちらの方法であっても、大量のスマートデバイス端末を一元管理する方法として、mdmソリューションが利用されます。このmdmソリューションを導入することによって、スマートデバイス端末の初期設定であるキッティング作業を効率よく行ったり、スマートデバイス端末内の情報保存のセキュリティを強化したり、様々な機能が得られます。特にbyodの場合には、保護対象の情報とそれを利用するスマートデバイス端末をどのような方針で運用しちくのか、どのような展開方法にするのかを決定しておく必要があります。